会社案内

沿革

1940年(昭和15年)6月
初代社長 梶川清蔵が川崎の現在地に薩摩溶接工業所設立
1941年(昭和16年)11月
中島飛行機株式会社の排気管、吸入管のステンレス特殊加工の認定工場となり、また神奈川県営相模湖発電所のダム建設に従事。
1951年(昭和26年)1月
水道施設工事業、鋼構造物工事業の許可取得。
1953年(昭和28年)1月
会社組織を変更し、サツマ工業株式会社を設立。
株式会社 明電舎の協力工場となる。
1961年(昭和36年)5月
静岡県沼津市に大型製缶工場の建設に着手。
1962年(昭和37年)5月
沼津工場完成、操業開始。
1969年(昭和44年)7月
川崎工場に南工場を完成、操業開始。
1969年(昭和44年)9月
日本水道協会検査工場に登録。
1973年(昭和48年)12月
沼津工場に大型組立工場増築、60トン(30トン×30トン)クレーン設置。
1980年(昭和55年)1月
経営並びに生産管理の合理化、事務簡素化を図るためにオフィスコンピュータを導入。
1981年(昭和56年)10月
群馬県太田市近郊に太田工場完成、操業開始。
1992年(平成4年)11月
川崎本社事務所立て替え工事完成。
2000年(平成12年)3月
高圧ガス保安協会委託検査工場。
2002年(平成14年)
電気事業法取得。
2004年(平成16年)3月
中国大連に大連薩茨瑪華日制罐有限公司を設立、現在に至る。
2011年(平成23年)12月
本社・川崎工場,沼津工場,太田工場,設計課を対象に、ISO9001:2008認証取得
2017年(平成29年)1月
本社・川崎工場,沼津工場,太田工場,設計課を対象に、ISO14001:2015認証取得

PAGE TOP